Airbnb(エアビーアンドビー)ホスト運営時の注意点

Airbnb(エアビーアンドビー)ホスト運営時の注意点

観光客が集まる街で民泊を始めるのがいいでしょう。
訪日外国人は複数人、家族連れで来ることが多いので、マンションの一室よりも一軒家がオススメです。

 

そうした方々の悩みが大きな荷物の置き場所で、それを解決するのが一軒家の大きなスペースなのです。
家族連れのような大人数を呼び込めれば、収益面でもメリットがあります。

 

エアビーの宿泊料金は「人数×宿泊料」なので、泊まる人数が多ければ多いほど儲かります。
つまり、1人の宿泊料を5000円にしている部屋なら10人泊まりに来れば1日で5万円の収入を得ることができるのです。

 

単純計算すると、×30万円で月に150万円。民泊でこれだけの売り上げを出すことができるのです。
別荘・セカンドハウスとして部屋を借りる人もいるようで、旅行などで宿泊したいときは自分で利用し、それ以外は民泊で貸し出す人もいるようです。

 

民泊で人気物件にするには、部屋の設備を充実させる必要があり、家具やWi-Fiが必要です。
そこで、民泊事業者向けに速度制限、契約期間縛りのないWi-Fiを提供する会社もあります。

 

物件を運用していくにはどうしても人手がいります。
そこで重宝しているのが家事代行サービスで、掃除など人手が必要な運用面をサポートしてもらえます。

 

コストはかかりますが、これなら自分がいなくても家を管理できるようになります。
効率的に運用するためにも代行業者を活用して掃除など運用面をサポートしてもらうのは得策です。

 

エアビーでネックになるのが鍵の明け渡しですが、最近は実際に鍵を渡さなくても大丈夫なサービスが出てきました。
Akerunなどのようなスマートロックです。

 

これがあれば、スマホのみで鍵の管理ができるんですよ。
現状、Airbnbは法律的にグレーゾーンなので、最寄りの保健所に旅館業の申請はお忘れなく。

 

物件を決めたら、最寄りの保健所に旅館業の申請をしてAirbnbとして部屋を貸し出す許可を取りましょう。
旅館業法とは、旅館業の適正な運営のために定められた法律です。

 

「宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」が旅館業と定められているため、
Airbnbを利用して海外旅行者を受け入れる場合もこれに当てはまります。

比較ページへのリンク画像